読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るっぽぶろぐ。

るっぽのごちゃ混ぜブログ。趣味からレビューまで!

Kindle(oasis)が必要な3つの理由

つい先日、oasisのレビュー記事を書きました。

今回は、Kindleって本当に必要?と私のように躊躇っている人のための記事です。

 

 

  1. Kindle単体でワンタッチで本が買える。
  2. 暗い部屋でも眩しくない(本当に見やすい)。
  3. 電池がものすごい持つ。

 

一つづつ見ていきましょう。

めんどくさい人は、最後の「まとめ」までスクロールしちゃってください。

 

Kindle単体でワンタッチで本が買える。

 

これに関しては、当たり前じゃないかと思う方もいるかと思うのですが

例えばiPhoneのKindleアプリからは本は買えません。

じゃあAmazonアプリからはどうかというと、これも買えません。

Safariなどのブラウザから、Amazonを開いて、ログインして、キーワード検索をして・・・ようやく買うことができます。

 

Kindleなら、Amazonへワンタッチでアクセスでき、

購入した時からKindle本体へ、自分のAmazonアカウントがひも付けてあるので

いちいちID、パスワードなどを入力せずとも買うことができます。

 

これは、最初聞くとなーんだと思うかもしれませんが

買ってみるととても便利で、本屋へ出向いたりすることがなくなるほどですw

 

 

暗い部屋でも眩しくない(本当に見やすい)。

 

これは・・・文字で表すのが難しいですが・・・。

はい、そのままですw

Kindleは(HDXなどではなく、白黒のpaperwhiteのような端末をイメージしてください)特殊なイーインクという液晶を使っていて・・・・・

はい、詳しい技術仕様はわかりません。技術屋さんか、公式をご覧くださいw

でも、これは本当です。見ればわかります。(電気屋などに、あるかな?)

 

 

電池がものすごい持つ

 

これはモデルによって多少異なりますが、普通のスマホやタブレットなんかより

断然持ちます。

まあ機能を制限したモデル&白黒液晶なので当然かも知れませんが!

 

私の購入した、Kindle Oasisは数ヶ月(!?)持つらしいですが

私は心配性なので、一週間に一度くらい充電しています。

 

まあ公式の数ヶ月持つ、というのも明るさや使用時間によって違うみたいなので

私のようなヘビーユーザーは数ヶ月は持たないでしょう。

最安価のpaperwhiteも公式情報だと2週間程度持つみたいですね。

 

 

 

まとめ

 

Kindleを買ったことで、いろんなジャンルの真面目な本(ラノベやコミックだけじゃなくて)、を読むようになって

一日で読書の時間を作るようになりました。

 

また、Kindleのハイライト機能でEvernoteに読書ノートをつくり

アナログでは読むEDITという読書ノートに感想などを書き込んで

読破する楽しみが増えました。

 

どうか、本が嫌いとか、読書習慣が続かないんだよなー、でも本読みたい。なんて方

いらっしゃいましたら、最安モデルでいいです。

Kindleを買ってみてください。自然と読むようになりますよ。

 

ということで、長くなってしまいましたが、これにて終了!